ホーム > シリコン・モーションについて > 沿革
沿革
 

2016
  • 世界初の SD 仕様5.1 コントローラを発表。
  • 世界初、3D MLC および TLC NAND 対応のターンキーSATA3 SSD コントローラを発表。
  • 当社では初のPCIe NVMe クライアントSSDコントローラを発表。
  • 当社フラッシュパートナーに 3D NAND 向けクライアントSSD および eMMC コントローラを出荷。
  • 過去10年間で50億個のNAND コントローラ出荷を記録。
  • 2016年もっとも優秀な経営成績を達成した企業(売上高10億 USD以下部門)としてGlobal Semiconductor Alliance (GSA) より表彰される。
2015
  • 世界発のターンキー SATA3 SSD コントローラ・ソリューションをマイクロン社の16nm 128Gb TLC NAND に提供。
  • 当社のフラッシュメモリ OEMパートナーに、カスタムデザインのDRAMレス ターンキーSATA3 クライアントSSD コントローラ・ソリューションを出荷。
  • 当社のSSD コントローラが、PCのOEMトップ5社のうち4社の Note PC に採用される。
  • TLC フラッシュの管理が可能な eMMCコントローラをSK Hynix に出荷。
  • エンタープライズ PCIe SSD 開発をリードする 中国 シャノンシステムズ 社を買収。
  • シャノンシステムズ 社 のエンタープライズ PCIe SSD を中国最大規模の Eコマース企業および 決済サービスプロバイダ【PSP】に出荷。
  • Ferri SSD を独大手自動車企業の車載インフォテイメントシステム向けに出荷。
2014
  • eMMC 5.0コントローラの量産開始。eMMCコントローラのマーケットシェアを25%に伸ばす。
  • 当社eMMC コントローラが、ノンiOSスマートフォンOEM上位10社すべてに採用、出荷される。
  • 世界初、TLC NAND 対応の商用eMMCコントローラの量産を開始。
  • 世界初、TLC NAND対応の商用SATA 3 SSD コントローラを発表。
  • 世界初、車載グレード シングルパッケージSSDを発表。
  • 世界最速のシングルチャネル UHS-II (SD 4.0)コントローラの量産を開始。280MB/秒のスループット。
  • サムスンのスマートフォンおよびタブレット向けにLTEアドバンスト・トランシーバを出荷。Galaxy Alpha、Galaxy Note 4、Galaxy Note 4 Edge など韓国モデル向け。
2013
  • 55nm eMMC 4.5コントローラチップをOEM企業向けに量産開始。スマートフォンやタブレット端末のハイエンド・フラッグシップモデル向け製品である。また、55nm eMMC 5.0 コントローラチップを第4四半期にサンプル出荷開始。
  • 当社eMMC 製品がスマートフォン、タブレット端末、ゲーム端末やセットトップボックスへの採用に広がる。2013年、eMMC製品の売り上げは対前年比150%に増加、マーケットシェアも15-20%に拡大。
  • SATA III クライアントSSDコントローラの量産が始まる。当製品は、PC向けSSD、ハイブリッドSSD、NANDキャッシュ搭載のストレージをターゲットとする。
  • 超高性能、コストパフォーマンスの高い USB3.0 フラッシュドライブコントローラの量産が始まる。
  • TLCフラッシュをサポート、高性能、低コストのUHS-1 SDカードの製造を可能にする 55nm UHS-1 SD コントローラの量産を開始。
    高性能 CF 5.0 対応プロフェッショナルグレード コントローラの量産を開始。
2012
  • 当社LTE トランシーバが、総計15機種のサムスンLTE スマートフォン/タブレット端末にて採用される。中でも韓国のワイヤレスキャリア3社で販売されているGalaxy SIIIにそれぞれ採用。
  • 当社eMMCコントローラをサムスンおよびSKハイニックスに量産開始。当社が、トップ10にランクインするスマートフォンOEMの半数以上をサポートし、全世界で5-10%のシェアを獲得する。
  • 業界最先端の メモリーカード向けUHS-1 コントローラおよびUSBフラッシュドライブ向けUSB 3.0 コントローラを量産開始。
  • プライマリSSDストレージおよびキャッシュSSDアプリケーション向けにSATA III SSD コントローラを紹介。
  • AES 128/256 をサポートする SATA III SSD コントローラを紹介。
  • 2012年もっとも優秀な経営成績を達成した企業(売上高500MUSD以下部門)としてGlobal Semiconductor Alliance (GSA) より表彰される。
2011
  • 主要なNANDフラッシュベンダーのMLC、TLCに対応し最大転送速度180MB/秒のUSB3.0コントローラを発表
  • 世界最速1000x(150MB)コンパクトフラッシュ(CF)カードコントローラを発表
  • FerriSSDを出荷。FerriSSDは産業用および専用アプリケーションをターゲットにしたBGAパッケージのSATA/PATAインターフェイスSolid State Drive(SSD)です
  • 最大260MB/秒の転送速度に対応した8チャネルの高性能SATA II SSD コントローラを出荷
  • 日本のデジタルテレビ向けにISDB-Tチューナーを出荷開始
2010
  • 主要なNANDフラッシュベンダーのSLC、MLC、TLCに対応し最大転送速度95MB/秒のUHS-1(SD3.0)コントローラを発表
  • 日本の主要な電子メーカーのメモリースティック及びUSBフラッシュドライブ向けのサポートをする
  • シングルバンド、マルチバンド用CDMA EV-DO トランシーバーを出荷
  • サムスン社のLTEベースバンド及びスマートフォンに対応したLTEトランシーバーを出荷
  • クラス最高のTLC(3bit/セル MLC)NANDフラッシュコントローラーを出荷開始
  • 当社のISDB-T モバイル TV ICがサムスン社のギャラクシースマートフォンに採用される
2009
  • 世界最速 600x (90MB/秒) コンパクトフラッシュ(CF) カードコントローラを出荷
  • 初めて30nm NANDフラッシュをサポートしたコントローラメーカーの1つとなる—2009年6月、当社製品がマイクロン社製34nmフラッシュをサポートする製品として認定される
  • サムスン社ブラジル市場向け製品に当社のISDB-T モバイルTV SoCソリューションを提供。日本市場向け世界的ハンドセットOEMよりデザインインを獲得
  • サムスン社、LG社、パンテック社へ T-DMB モバイルTC SoCソリューションを量産開始
2008
  • サムスン社に最初のヨーロッパ市場向け DVB-H TV チューナーを出荷する
  • HP社 の Mini-Note 向けの SSD コントローラを出荷する
  • ハイニックス社とニューモニクス社で正式に採用された eMMC で携帯電話と GPS 組み込みフラッシュコントローラ市場へ参入
  • ZTE、厦新、中国携帯電話 OEM がモバイルTV電話を市場投入するにあたり、シリコンチューナーを供給する
  • ノートブック PC 市場に MLC/SLC ハイブリッド SSD コントローラを発表する
  • 日本のメガチップス社と共同で ISDB-T モバイルTV チューナー-デモジュレータ SoC を開発する
2007
  • シリコン・モーション社の新しいモバイル通信製品ラインになる韓国の FCI Inc. 社を買収する
  • シリコン・モーション社が韓国の KIES 社のセントロニックス モバイル TV IC 資産を買収する
  • 最初の SSD コントローラおよび 100 万台目の SSD コントローラIC を出荷する
  • Asustek社のEeePCによりネットブックSSDコントローラ市場に参入する
  • スマート・モジュラー社の XCeedUltra SATA SSD によりサーバーおよびエンタープライズ アプリケーション SSD コントローラ市場に参入する
  • サムスンのカムコーダー、フィリップスのDVDプレーヤー、マイクロソフトのZune2図向けに最初のエンべデッドフラッシュコントローラーを出荷
  • 最初の xD ピクチャーカード コントローラを出荷する
  • 最初の自動料金徴収システム(ETC)RFIC を出荷する
  • 5 億台目の IC を出荷する
2006
  • 最初の MP3 SoC を出荷する
  • 最初の CDMA トランシーバーを発表する(FCI)
  • 最初の T-DMB/DAB トリプルバンド モバイル TV チューナー ICを発表する(FCI)
2005
  • シリコン・モーション社が「SIMO」という商号で NASDAQ に新規株式公開する
  • 最初の MicroSD カード コントローラを出荷する
  • 最初の USB2 フラッシュドライブ コントローラを出荷する
  • 最初の S-DMB ダイバーシティー ワンチップ モバイル TV チューナー ICを発表する(FCI)
  • 1 億台目の IC を出荷する
2004
  • GPS レシーバーおよび電力増幅器モジュールを含む直接変換 CDMA Rx/Tx IC を発表する (FCI)
  • CDMA 低雑音増幅器を発表する(FCI)
2003
  • 最初の SD および MMC カード コントローラを出荷する
  • 1000 万台目の IC を出荷する
2002
  • シリコン・モーション社の新しいモバイルストレージ製品ラインになる台湾の Feiya Technology Corporation 社と合併する
  • シャープのMebius notebookがシリコンモーションのLynx3DM+グラフィックスとトランスメタのクルーソープロセッサーを採用
  • AcerのタブレットPCがシリコンモーションのLynx3DM+グラフィックスを採用
2001
  • PCS レシーバー RFICを開発する(FCI)
  • IBMのThinkPad i Series notebookがシリコンモーションのLynx3DMを採用
  • Lynxグラフィックス製品ファミリーがマイクロソフトWindows XP認証取得を発表
2000
  • 2 年間に 100 万台の CF コントローラを出荷する(Feiya)
  • シリコンモーションのLynxEM+グラフィックスがトランスメタのクルーソープロセッサー製品の参考設計となる
  • HPの新しいPavilion notebookがLynx3DMグラフィックスを採用
1998
  • CF コントローラの発売、アジア初 (Feiya)
1997
  • 最初の低電力消費グラフィック プロセッサ IC を出荷する
1995
  • カリフォルニア州サンノゼにシリコン・モーション社を設立する